収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

僕の半生について

初めまして!当ブログの管理人たかひろです。

 

一地方都市にある会社で中間管理職をしている40代の男性です。

 

大学を卒業し、社会人になって20数年、複数の会社で中間管理職を経験していますが、今の会社でも約10年中間管理職をしています。

 

ホントもうほとほと疲れました…。(笑)

 

まずは僕自身の事を知ってもらうためにも、今まで歩んできた軌跡を書き記したいと思います。

 

 

僕は自慢ではないですが、今まで努力と言った努力をしたことがありません。
綺麗な言い方をしたら「水面に浮かぶ木の葉」のような生き方をしてきました。

 

流れに逆らわず、楽な道へ楽な道へと進んできました。
しかし、楽な道に進むと言う事は、そこに落とし穴も潜んでいます。

 

 

中学〜高校時代

人生最初の分岐点である高校受験もそうでした。
当時から僕は勉強が嫌いで塾に通って勉強する位だったら、自分の学力で行ける高校に行けばいいや位にしか考えておらず、行ける高校と言ったら地元の商業高校位でした。

 

ところが、当時やっていたバレーボールでの推薦の話が中堅どころの普通科の高校からやってきました。
中堅どころと言っても当時の僕の学力では行けない高校でした。

 

しかし、僕の出した結論は、もちろんお世話になりますと二つ返事でOK。
何の苦労もなく高校に進学しました。

 

ただ、僕の学力では行けない高校に入学した訳ですから、当然と言えば当然なのですが、テストでは常に下位でしたし、一度ではありますが、学年でビリを取ったこともあります。

 

この経験は苦い経験ではありますが、学年でビリなんて中々経験できることではないので、今では話のネタになっています。(笑)

 

本当にこの高校時代には色々な経験をしました。
実はこの後、ひょんなことから数学が劇的に伸びて、高2から卒業するまで校内のテストで数学は100点しか取らなくなりました。

 

そのひょんなことと言うと、僕は先生が黒板に書いたものは綺麗にノートに取る事だけはしていたのです。
自分でもよく覚えていないのですが、何故かその時はテスト前に数学のノートを読んでたんですよね。

 

そして、たまたまその時に読んでいた箇所がテストに出たため、結果的にクラスで1番を取ったんです。
当然、その結果にクラスの全員が驚いていました!(笑)

 

もちろん僕自身も驚きましたが、これでコツを掴んだ僕は数学が得意科目となり、最終的には1番が当り前になったため、結果を聞いても誰も驚かず、むしろやっぱりと言った空気すら流れるようになりました。

 

数学が飛躍的に伸びたおかげで、他の教科も人並み位まで成績が上がるようになり、最後はトップクラスまで駆け上がりましたが、今度は大学受験が待ち構えています。

 

相変わらず勉強は嫌いなので、受験と言っても塾には行かず学校の授業だけで、当時の学力で行ける地元の私立大学に進学しました。

 

僕は高校が推薦だったので、数学が得意でも文系にしか行くことができず、数学の先生からは「自分が数学を教えるから、理系の大学に行った方が良い」と卒業式の日まで薦められましたが、もちろんお断りしました。

 

そりゃ〜、もう大学が決まってるのに、改めて勉強して理系の大学を受験するなんて、そもそも僕の生き方に反してますから!(笑)

 

でも、今では当時僕の事を思って、理系の大学を薦めてくれた先生にはとても感謝しています。

 

 

大学時代〜初めての職場

大学時代は、とにかくバイトに明け暮れてました。
と言っても、学校にはちゃんと行ってましたし、大学3年からゼミに入りますが、そこではゼミ長もやりました。

 

ゼミでは合宿の企画や旅行、学祭の模擬店の出店など、色々な経験ができて、そこそこ楽しい学生生活を送ることができました。

 

そしていよいよ就職活動です。
ちょうど僕が就職する直前に、いわゆるバブルが崩壊し就職難時代に突入していました。

 

当時の僕は、とにかく給料のいい会社で働くことと、福岡で働くことだけしか考えていませんでした。
何故福岡なのかと言うと、都会だけど東京や大阪ほど都会じゃない。
ちょっと東京や大阪は都会過ぎて怖かったからと言った理由です。(笑)

 

そうしてその二つの条件に見合う会社に就職しました。
それが先物取引業界でした。

 

この時の会社は、今はもう無くなっていますが、完全に今で言うところの超が付くほどブラック企業でした!(笑)

 

基本的に休みは日曜日のみで、その理由は、1日かけてアポを取り、次に日にはお客さん周りなので、週に6日なければ回らないからです。

 

当時の僕はアポ取りの日は、朝7時に出社し会社を出るのが夜の11時過ぎ。
そして次の日は車で2時間圏内の場所に行くため、朝の5時半位には起きて、現場から家に戻るのは大概午前様でした。

 

そんな中、自分の時間を取ろうと思ったら、家に帰りつく11時半ごろから、次の日に起きる5時半までの時間を削るしかありません。

 

当時は睡眠時間2〜3時間が当り前でした。

 

ちなみに同期は80名以上いましたが、僕が辞める約3年半の間にかなりの人が辞めてしまいました。

 

ただ、この会社で唯一良かったところは、昇格基準が明確であったことでした。

 

ローカルのオーナー企業でありがちな、オーナーに気に入られたら出世と言った事は一切なく、決められた期間に決められた目標を達成したら昇格と言った基準でしたので、非常に分かりやす仕組でした。

 

僕はこの仕組みのおかげで、同期80名以上の中で4番目に昇格することができました。

 

実際に営業に出て1年後には部下をもって仕事をしていましたが、この部下を持ったことで中々辞められなくなったのも事実です。

 

このブログを読まれている方もそうだと思いますが、やはり部下はかわいいものです。
自分の事を信頼してくれている部下を見捨てて辞めることに抵抗があったため、部下の手前中々辞められずにいました。

 

そんな中、転勤辞令がおりここぞとばかりにその会社を辞めて地元に戻ることにしました。

 

 

地元に戻ってから

地元に戻ってからは、何度か転職をしました。
どうしても地場のローカル企業は、そこで働く従業員自体の考え方も甘く、何故僕よりも年上なのにこんなに意識が低いんだろう?と思う事もしばしばでした。

 

ただ、これは僕のポリシーでもあるのですが、転職する際には同業他社には行かないと言う事でした。
何故なら、同業他社に行っても自分自身のスキルが上がることはないと思ったからです。

 

同業他社から引き抜きがあったならまだしも、どうせ0からのスタートになるのであれば、新しいスキルを習得した方が良いですし、固定観念がない分その仕事を覚えるスピードも速いので、出世も早くなります。

 

ちなみに転職先全てで役職を頂いています。

 

そうして転職を繰り返す中、現在の会社にお世話になることになりました。

 

 

現在の環境

最初に書きましたが、今の会社に入り約10年が経ちます。
この会社は、ローカルオーナー企業の権化のような会社で、従業員はオーナーを喜ばせるために働くと言ったスタンスの会社です。

 

最初ビックリしたのは、お客様を優先して怒られたことです。
普通はあり得ないですよね!(笑)

 

そんな会社なので、当然オーナーに気に入られたら出世すると言う構造でした。
僕はそんな体質が嫌いなのでオーナーに近い人たちと距離を置いて仕事をしていましたが、それでも2年も経たないうちに課長になりました。

 

僕みたいなタイプは珍しいみたいでしたが、僕的には単にやることをやっていたらそうなっただけです。

 

その後もオーナーにすり寄ることもなく過ごしていましたが、そういったぬるま湯体質の会社が急に変わる事になったのです。

 

 

それは・・・。

 

 

なんとオーナーが会社を売りに出して、上場企業に買収されたのです。
いわゆるM&Aってやつですね。

 

別に今の会社の財務状況が悪いわけではないので、僕らが今までやってきたことが大きく変わる事はないと前オーナーサイドから説明を受けました。

 

しかし、実際には色々なルール変更があり、その中で一番大きかったのは退職金の廃止と定時昇給の廃止でした。

 

それまでは、微々たるものでしたが毎年昇給はありました。
それが成果主義に代わってしまい、成果に応じて昇給昇格が決まる制度に変わったのです。

 

ある意味当たり前になったのですが、今の会社はいい意味でアクティブなところなのですが、ある時急に方向性が変わってしまうので、目標を立てても絶対に達成しないのです。

 

つまり、昇給は望めないと言う事です・・・。

 

部下に関しては何とかこの仕組みを使って昇給させてきましたが、実際に自分の昇給は全く見込めなくなってしまいました。

 

また、なんやかんや仕事を振られるため、仕事の量だけ増えて給料は増えないと言った状況になったのです。

 

それでも当初は残業代が出ていたため、まだマシなレベルでしたが、今度はご丁寧にも僕ら中間管理職を「名ばかり管理監督者」にしたため、残業代もカットと言った有様。

 

それで定年まで働いても退職金は無しとなると、この会社で働く意味があるのだろうか?と素朴な疑問が・・・。

 

 

そして転機が訪れる

このような環境になり、唯一良かったことがありました。
それは今まで休みが日祝だけでしたが、完全週休二日制を導入することになったのです。

 

僕には小さな子供がいますが、中々子供達との時間を取ることができなかったのですが、ようやく子供達との時間を取れることができるようになりました。

 

もっと子供達とも接する時間を取ろうと思ったら、今の会社では難しい。
転職も考えようと思っていました。

 

しかし、40代ともなると実際には自分の理想の会社に巡り合う事なんかできません。
僕自身も採用面接を行うことがありますが、やはり40代の人の採用に関しては慎重ですし、そもそも採用はしません。

 

また、就職サイトに登録もしましたが、オファーが来るのは東京とかの大都市ばかりで、一番遠かったのは北海道からのオファーでした!(笑)

 

となると、残された道はただ一つ、自分で起業するしかないと言う結果に至り、現在副業としてアフィリエイトを始めています。

 

 

最後に・・・。

僕の今の夢は共感してくれる仲間を増やし、一日でも早く独立を果たす事です。

 

今まで努力とは無縁でしたが、僕も今の会社に入ってから結婚し、子供が生まれ家庭もでき、家族のために頑張っています。

 

そんな普通の努力もしてこなかった僕にでも出来る訳ですから、もしもあなたが普通以上に努力ができる人であれば、できないはずがありません。

 

たった一度の人生です。
将来的にどうしようもなくなってから行動を起こすのか?それともどうしようもなくなる前に行動を起こすのかは、まさにあなた次第です。

 

こんな努力も何もせずにここまで来た僕ですが、もし共感してくれたら是非一緒に自由を手に入れましょう!

 

 

たかひろのプロフィール

 

【現在住んでいる場所】 鹿児島県

 

【過去住んでいた事のある場所】 福岡県

 

【年齢】 1972年生まれ

 

【血液型】 A型

 

【家族構成】 嫁さん、5歳の息子と3歳の娘の4人暮らし

 

【職歴】 コンビニ、ガソリンスタンド(アルバイト)、先物取引営業、クリーニング屋、塗装屋、着物関係、通販業

 

【趣味】 旅行、お酒、サッカー観戦

 

あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事