収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

メディアリテラシーについて

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

連日テレビニュースでは「森友学園」問題ばかり流されており、本当にうんざりします。

 

そもそも何が問題なのか全く分かりません。

 

元々は国の土地を不当に安く取得したと言われていますが、これって購入者が不当に安く取得する事なんかできるのでしょうか?

 

もしもあなたが土地を購入しようと思った際に、今回と同じように大量のゴミが埋まっていたら、それを元に価格交渉をしませんか?

 

しかも、今回の場合はゴミの撤去費用を国が算出してその分を値引いて販売したのは国なのに、一法人である「森友学園」に何か問題があるのでしょうか?

 

また現在は今回の本質からそれた、過去に籠池理事長と付き合いがあったか?など、国会ではくだらない質問に時間と国会を1日開催するのに約3億円の税金が使われているのにも関わらず費用を費やしています。

 

先日お昼を食べに行った際に、ちょうど稲田防衛大臣が籠池理事長と最近会ったかどうかについてのニュースが流れていました。

 

それを見ていた僕の隣に座っていたおばさんが、「何で覚えていなんだろうね〜。こんな人辞めればいいのに。」的な事を言っているのが聞こえました。

 

あなたもそう思いますか?

 

僕はそう思いません。

 

何故なら、13年前の○月○日に何をしていたかとか誰と会ったかと聞かれても正直覚えていませんし、もっと言えば、3日前の夜に何を食べたかも覚えていません。

 

普通そうではないでしょうか?

 

このようにメディアからの情報を一方的に鵜呑みにして、あたかもそれを自分の意見として述べる人の事を、僕は情報弱者だと思っています。

 

最近ではメディアリテラシーという言葉も聞かれるように、自分が得たメディアからの情報が本当なのかどうかを自ら判断・評価する力を付けなければならない時代になって来ています。

 

そもそも日本のメディアの場合、全ての報道が偏っているため、テレビのみで情報を得ている人は選ぶ選択肢がないのがそもそもの問題なのかもしれません。

 

何故ならよくメディアが言う「報道の自由」には「報道する自由」と「報道しない自由」の二つがあるからです。

 

この「報道しない自由」を駆使されると、情報弱者は偏った情報を本当の情報と判断せざるを得ない状況に陥る訳です。

 

このメディアリテラシーを含む情報リテラシーを身に付けて、自ら判断・評価する力を付けないとネットビジネスの世界でも情報弱者として、カモにされてしまう可能性が高くなります。

 

ネットビジネスにおける情報弱者とは?

僕は最初の会社でセールスをやっていたのですが、その際にアプローチブックと呼ばれるお客様に説明する資料を持っていました。

 

そこには新聞の切り抜きなど、セールスする為に必要な情報を入れていたのですが、その時に上司から言われたことは、このアプローチブックには売れるための情報しか入っていないんだから、まず自分がこの情報で売れると確信できなければダメだと言う事でした。

 

確かに売れる情報だけを相手に伝えるので、相手が欲しくなるのは当然だと思います。

 

最後は相手がそれを購入するためのお金を出せるかどうかと言うところだけです。

 

これはネットビジネスの世界でもそうですが、情報商材を販売する方は、販売するために魅力的な情報を言葉巧みにセールスレターと言った形で案内してきます。

 

それを読むと、こんなに儲かるんだったらやってみようと思う人もいる訳です。当然、それを購入するだけのお金が出せたらの話です。

 

ただ、同じ購入する人の中でも、余裕があって出せる人と、ギリギリだけどこれに掛けてみようと思って出す人がいます。

 

余裕がある人は良いですが、ギリギリの人の場合、もしそれが詐欺まがい商材や危険商材だったらどうでしょう?

 

ただ単にお金を存するだけだったらまだしも、最悪の場合深みにはまり借金で首が回らなくなる人だっています。

 

何故なら、人は投資したお金は取り戻そうとするからです。

 

また、情報商材の9割以上は詐欺まがい商材や危険商材ですから、自分で判断・評価する力を付けない情報弱者は、自ずとカモにされ結果的にノウハウコレクター化する人が多いのです。

 

あなたがノウハウコレクターにならないためにも情報リテラシーを身に付ける必要があります。

 

 

情報リテラシーを身に付けるためには

では、情報リテラシーを身に付けるためには一体どうしたら良いのでしょうか?

 

言葉にしたら簡単なのですが、要は一つの情報に対して、常に何故○○なんだろう?と疑問を持って情報に向き合う事が大事です。

 

「成功者から学ぶ」の章でも何故?を意識することの大切さを書きましたが、物事を客観的にみるためには、この何故?を意識することが非常に大切になります。

 

またどのようなことでもそうだと思いますが、この情報リテラシーも経験を積めば積むほど力が付いてきます。

 

僕もそうですが、現在成功している多くの人がたくさんの失敗をしていると思います。

 

別にたくさんの失敗をして下さいと推奨している訳ではありませんが、失敗した時に何故失敗したんだろう?と疑問に思う人は失敗から学び、次のステップ(失敗しないようにしよう)に移行します。

 

しかし、失敗したことに対し疑問に思わなければ、また同様の失敗を繰り返す結果となります。

 

何度も言いますが、この何故?を意識したかしないかで大きく変わってきます。

 

このサイトを見ているあなたも、僕がそうだったように色んな人のサイトを見ていると思います。

 

あなたにとって誰の情報サイトが本物なのか?それとも偽物なのか?自分自身で判断・評価し実践してみて下さい。

 

そして成功したらあなたのリテラシーは高かったと思えばいいですし、仮に失敗したとしても、その失敗を生かすも殺すもあなた次第ですし、失敗することは決して悪いことではありません。

 

逆に考えたら失敗した事の無い人が経験した事の無いことを経験したと思えばいいですし、逆にその失敗談を記事にすることだってできます。

 

転んでもただでは起きない精神こそ自分磨きにも繋がると僕は思いますがいかがでしょうか?

 


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事