収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

せどりって聞いたことありますか?

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

僕がネットビジネスを始めようと思い、最初に取り掛かったのは物販ビジネスでした。

 

物販とはその名の通り、物を販売するビジネスで、一般的に「せどり」と呼ばれる方法です。

 

せどりとは、ブックオフや古本屋、またはネットオークション等で商品を仕入れて転売するビジネスの事で、その名の由来は諸説ありますが、本の背表紙から取られたと言うのが一般的だと思います。

 

昔は古本屋の本棚から背表紙だけを見て買っていたみたいですね。
今では転売ビジネス全般の事をせどりと言っています。

 

では、何故僕がせどりを始めようと思ったのかと言うところからお話ししたいと思います。

 

ネットビジネスを始める際に、では一体何をしたら良いのか?と言う事で、まずは色々と調べるところからのスタートでした。

 

ネットを使ってできることと言えば、物販やアフィリエイト以外にも、株式投資やFXなどもあります。

 

最近ではFXの広告をよく見かけたりしませんか?

 

ここでは転売ビジネスであるせどりについて書きますので、FXに関しては別の機会に書いてみたいと思います。

 

今でこそアフィリエイトをやっていますが、物販ビジネスを始めようと思ったきっかけは、仕組が単純で分り易いと言った点でした。

 

何故なら、物を売る訳ですから、安く買って高く売るこれだけです。
非常にシンプルですよね。
この単純な仕組みは小学生でも分かるくらいシンプルです。

 

そして、物販ビジネスの最大のメリットは、利益率が高いと言う事です。
ただ、この利益率に関しては、その商品をどれ位安く仕入れることができたかによっても大きく変わってきます。

 

例えば、僕がせどりを始めたころ、たまたま倒産品のタタキ売りのチラシを目にしたのですが、そこにT-falのケトルがなんと90円で販売されていました。

 

ネットで調べたら普通に3,000円以上する商品です。
先日、ドン・キホーテでT-falのケトルを購入しましたが、今でも普通に3,000円以上しました。

 

なので、90円で仕入れたものを3,000円で販売しても消費者は安いと購入してくれる訳ですが、仮に3,000円で販売した場合、2,100円が粗利益になりますので、利益率はなんと97%になります。

 

これは特殊な例になりますが、中にはこのような掘り出し物も存在しますし、物販ビジネスでは普通の商品でも30%〜40%くらいの利益率を乗せて販売するは当り前です。

 

これが株式投資とかであれば、いわゆる優秀と言われるトレーダーでも年利8%位だそうなので、利益率で考えたらめちゃくちゃ良いと言う事はお分かりいただけたと思います。。

 

また、即金性があるのも転売ビジネスの特徴なので、早く収入が欲しいと言う方には転売ビジネスがおススメになります。

 

なおせどりをしている人の事は「せどらー」と呼ばれており、それぞれ得意分野があります。

 

 

せどりの種類

せどりは、自身が得意とする商品を仕入て転売しますが、その種類は様々です。
家電が得意な人は家電を取り扱いますし、本はもちろんゲームソフトやDVD等など。
他にはジャンルを絞らずに総合的に取り扱っている人もいます。

 

また、同じジャンルでも、新品のみ取り扱う人もいれば、中古のみ取り扱う人もいますし、こちらも新品中古ともに取り扱っている人もいます。

 

個人的にジャンルはどれでも良いと思っています。
どの人のやり方が今の自分の環境に合っているのか?と言う事が基準だと思っていますから。

 

ちなみに僕は中古DVDをやろうと思って勉強していましたが、せどりには越えなければならない壁があります。

 

例えば仕入をしようとブックオフに行ったとしますよね?
でもブックオフに行ったところで、どのDVDが利ザヤを取ることができるのかなんて分からないので、実際にそのDVDがいくらで販売されているのか?と言う相場を知る必要があります。

 

今は非常に便利な時代なので、スマホのアプリでもその辺の価格を調べることができますが、その価格を調べるためにはバーコードを読ませなければなりません。

 

その代わりバーコードを使うと一発で現在の売価が表示されるので一々調べる必要がないので非常に楽で便利です。

 

しかし、店舗によっては転売目的の購入を禁止している先があるため、堂々と行う事ができないので、店員の目を盗みながら行わなければなりません。

 

全く悪いことをしている訳ではないのに、まるで万引きをしようとしている人の様に周囲をキョロキョロしながらバーコードを読み込む作業を行い、それがお宝であればまだ良いですが、ほとんどが儲けにならないようなものだったら気持ち的にどうでしょう?

 

既に目利きができるレベルの人であれば、一々バーコードリーダーに頼る必要はないと思いますが、全く目利きができない初心者は、気になった全ての商品のバーコードを読み取らなければなりません。

 

僕にはこれが耐えられなかったんですよね。

 

これは「店舗せどり」と言った手法ですが、もう一つ僕の様に周囲の目を気にしながらするのは嫌な人にお薦めなのは、いわゆる「電脳せどり」と呼ばれるネットで商品を仕入れるやり方になります。

 

ネットショッピングやオークションなどから商品を仕入れ、同じくネットを使って仕入れた商品を転売するやり方になりますが、こちらの方は周囲の目を全く気にする必要はなく、気になる商品の価格もすぐに調べることができます。

 

しかし、ここでも利ザヤのとれる商品には中々当たりません。

 

つまり、せどりと呼ばれる、いわゆる転売ビジネスは商品リサーチ力がないと稼ぐことができません。
そのため、リサーチ用のツールまで売られているくらいですから、リサーチがどれほど大事なのかはご理解いただけると思います。

 

 

結局のところ、せどりって稼げるの?

せどりで稼げるのかどうかと言えば、間違いなく稼げると思います。
何故なら、現に稼いでいる人がいるからです。

 

ただ、僕はノウハウ商材まで購入しましたが、結局やりませんでした。と言うよりもできませんでした。
何故かと言うと、とにかく時間が掛かるんです。

 

あなたもそうだと思いますが、僕ら中間管理職って、結構会社に拘束されますよね。
朝から晩まで拘束されて、時には休みの日にも呼び出される。
そんな中、取れる時間と言ったら睡眠時間を削る位です。

 

そうなると、日中に眠くなり会社での評価を下げてしまう。
こうなってしまうと、副業からいずれは独立となる前に、職を失ってしまう可能性があります。

 

また、このせどりと言う転売ビジネスは、仕入が発生する以上、結局資金力がないと大きく稼ぐことはできません。

 

もしもあなたがせどりをしようと思った場合、仕入れにいくら位のお金を回すことができますか?

 

10万?20万?それとも50万、100万ですか?

 

もっと分り易く言うと、同じ商品でも1万円分仕入れた人と、100万円分仕入れた人が同価格で出した場合、利益率は同じでも利益額が違う事は分ってもらえると思います。

 

当然、100万円で仕入れができる人は仕入れ先と交渉することも可能になりますから、仕入れ値自体安くできる可能性もあります。

 

そんな中、同じ利益率で販売したら、当然100万円分仕入れられる人の方が安く販売することになり、1万円分の仕入れをした人はどううなるのかと言うと、売るためには利益率を落とさなければならないと言った状況に陥ってしまいます。

 

また、運よく購入してもらった場合、今度は商品の発送があります。

 

あなたもネットで購入した商品が、汚く梱包されていたら、もうこの人からは購入しないと思いませんか?

 

そうならないためには、丁寧な梱包を心掛ける必要があります。

 

今では梱包から発送まで全てAmazonでやってくれるサービスがありますが、これはもちろん有料サービスになりますから、手数料が取られてしまいます。

 

利益率を下げてまでして商品を販売し、ようやく購入してもらっても発送するために時間を要し、その部分を効率化するためにAmazonに手数料を払うだけでなく、当然ですがAmazonに商品を送るのにも送料がかかってしまいます。

 

となると、寝る間を惜しんでやっても中々報われないと言う結果になるのは目に見えています。

 

小遣い程度を稼ぎたいと言うのであれば、転売ビジネスもありだと思いますが、あなたは小遣いを稼ぎをしたいのですか?それとも、自由を手に入れるために大きく稼ぎたいのですか?

 

今一度、将来のあなたの姿をイメージしてみてはいかがでしょうか?

 


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事