収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

インターネットビジネスとネットワークビジネス

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ,自由

基本中の基本ですが、そもそもインターネットビジネスにはどのようなものがあるのか?

 

インターネットビジネスは、一般的にネットビジネスと言われます。
ごく稀に、ネットビジネスの事をネットワークビジネスと勘違いされている方がいます。

 

このネットワークビジネスとは、いわゆるリレーションシップマーケティングやマルチレベルマーケティングなどと言われ、代表的なのがアムウェイやニュースキンなどがあります。

 

ちょっと話はそれますが、ちょっとネットワークビジネスについて説明します。

 

基本的にこのネットワークビジネスで取り扱う商品はCMを打ちません。
その代わりにその商品を取り扱う事ができる個人が販売することで、販売者にマージンが入ると言う仕組みです。
つまり、広告料をCMに使わずに販売者へ直接報酬と言う形で支払う形になります。

 

よくネットワークビジネス=マルチ商法=ネズミ講と勘違いしている人がいますが、そもそもネズミ講は犯罪です。

 

自分でビジネスをするのにこれ位の事は知識として知っておいても損はないと思いますので、しばしお付き合い下さい。

 

ネットワークビジネス=マルチ商法は正解ですが、マルチ商法=ネズミ講は不正解となります。では、何故多くの人がマルチ商法=ネズミ講と勘違いしているのでしょうか?

 

それは仕組みが同じだからです。

 

こう言うと、仕組みが同じだったらやっぱり同じじゃないかと思われるのではないかと思いますが、何が違うのかと言うと、そこに販売するものがあるのかと言う事です。

 

口コミで商品を販売することを目的としたものがマルチ商法で、金品のみの受け渡しが目的なのがネズミ講になります。

 

この点が一番大きく、このネズミ講は法律でも禁止されています。

 

なので、ネットワークビジネスに興味がある方は、この点に十分注意して下さい。

 

では本題に入ります。

 

 

インターネットビジネスのジャンルについて

インターネットビジネスと一言で言っても、そのジャンルは様々です。

 

最もシンプルなのは物販労働型ビジネスです。
これは読んで字のごとくインターネット上で物を販売すると言う事です。
物販も楽天やYahoo!の様にネット上に店舗を構えて販売する方法とオークションなどで物を仕入れて、それをAmazonなどで販売する方法があります。

 

次は広告収入資産型ビジネスです。
これはアフィリエイトやアドセンス広告などの自分のホームページを使って広告収入を得る方法です。
アフィリエイトは自身が紹介した商品が売れたら収入となり、アドセンス広告は自分のホームページに貼り付けた広告を訪問者がクリックしたら収入となります。

 

次はサービス販売労働型ビジネスです。
これは自分が好きなことやできることなどのスキルを提供し、仕事を得る方法です。
フリーランスのエンジニアやデザイナー、ライター、イラストレーターなどネットで仕事を受注し、依頼主に納品する受託型のビジネスになります。

 

次はダウンロード販売資産型ビジネスです。
これは価値あるコンテンツやアプリを作り、それをダウンロード販売し収入を得る方法です。
少しわかりにくいと思いますが、iPhoneやandroidなどのスマホアプリを作り、AppStoreやGooglePlayでダウンロード販売したリ、アプリ以外にもあらゆるダウンロードコンテンツを制作し販売するビジネスです。

 

次はサービス提供動労資産型ビジネスです。
これは自分が何らかのサービスを提供し、仕事を得る方法です。
占いコンテンツや代書屋、経営コンサルティングサービス、ライブチャットサービス等など、様々なWebサービスの運営などのビジネスになります。

 

このようにインターネットビジネスは、上げればきりがありませんが、この中でも初心者が、しかも副業から始められるものは、物販労働型ビジネス広告収入型ビジネスになります。

 

あなたがこれからインターネットビジネスを始めようと思ったら、物販で始めるのか?広告収入で始めるのかどちらかになると思いますので、それぞれのメリットやデメリットなどはまたおいおい紹介していきたいと思います。

 


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事