収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

規制緩和

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

 

あなたは普通免許で125t以下のバイクに乗れるかもしれないと言うニュースをご存知ですか?

 

 

僕はひょんなことからこのニュースを知り、最近ではバイク関連の記事をネットで読みあさっています。(笑)

 

 

自動車の免許を取った時にはバイクの免許はいいやと思っていましたが、今ではあの時に一緒に取っておけば良かったと後悔しています。

 

 

現在、普通免許では50t(いわゆる原付)しか乗れない状況ですが、30キロ制限や二段階右折など色々と制限が多いので50tには乗る気にはなりません。

 

 

しかし、125tだったら速度制限も道路標識通りですし、面倒な二段階右折も無し、唯一の欠点としては高速に乗れないと言う事位でしょうか?

 

 

今は125tにはどんなバイクがあるんだろうとか、僕の中では夢と言うか妄想が広がる一方です!(笑)

 

 

ただ、この案はあくまでバイク業界が国に対して申請していると言ったレベル感のものなので、実際にそうなるかどうかは不明な状況ですから、結果的に免許を取らないと乗れないと言うのが現実だと思います。

 

 

では、バイク業界が何故そのような申請をしているのかと言うと、まあ50tよりも125tの方が儲かるからと言うのは当然ですが、それ以前に50t自体が売れなくなってしまったからです。

 

 

何故、50tが売れなくなったのかと言うと、電動アシスト自転車の登場が一番大きな影響と言えます。

 

 

実際に50tの需要が激減する中で、逆に電動アシスト自転車の需要が右肩上がりで伸びています。

 

 

電動アシスト自転車と言うと、自転車と言う観点で見ると高い商品になりますが、原付と比較すると逆に若干の割安感も・・・。

 

 

しかも、原付と比較して、@ 免許が要らない、A ヘルメットが要らない、B 充電は家庭でできるので、ガソリンスタンドに行かなくても良い、C 騒音や排ガスもない、D 自転車用の駐輪場に止められる、E 税金や自賠責もなしなど、ちょっと考えただけでもかなりのメリットが挙げられます。

 

 

上記以外にも、50tの原付ではできない子供を乗せて走ることだってできます。

 

 

そう考えると基本的に足代わりとして利用されている50tに乗るよりも、同じ足代わりであれば電動アシスト自転車の方が良いと言う結論に達するのは致し方ないのではないでしょうか?

 

 

 

倒れないバイク

先日、バイクの動画などをYouTubeで見ていた時の事でした。

 

 

何と、ホンダが倒れないバイクを開発したそうで、実際にその動画を見ましたが、無人のバイクが自分でバランスを取りながらゆっくり出てくる衝撃映像でした。

 

 

以前、倒れないロボットがメディアで紹介され見たことがありますが、そのロボットには4つの足が付いていて、その4つの足で全体を支えているため、4点で支えているんであれば何となくですがバランスはとれるだろうと思いました。

 

 

確かに技術的には素晴らしいと思いますが、そのようなロボットをる来るのは、決して不可能なことではないと言うのが僕の印象です。

 

 

しかし、今回はバイクですから2点と言う非常に不安定な状況で全体のバランスを取っているため、かなりの高い技術が必要になります。

 

 

実際にネットでも絶賛のコメントが溢れかえっていました。

 

 

その内、バイクは倒れないのが当り前の時代が来るのでしょうか?

 

 

先日、65歳以上の高齢者の事故が増えてきていると言ったニュースを見たのですが、その内容は65歳になったら免許を返上するべきか否かと言った話題でした。

 

 

65歳と言うと昔の65歳と違って、今の65歳はまだまだ若いと言うのが一般的な印象ではないでしょうか?

 

 

しかしながら、判断力と言うのは加齢とともに絶対に落ちてきます。

 

 

以前、免許更新の際に教官が印象的なことを言っていましたが、その内容は自動車教習所に行ったら必ず行われる適性検査ですが、この結果と言うのは運転の経験があろうがなかろうがずっと変わらないとの事です。

 

 

この適性検査の結果が良くなかったとしても、それを踏まえて運転すれば大丈夫と言っていましたが、そもそもそんな人に免許を持たせるから事故が無くならないのでは・・・と普通に思ってしまいましたが、あなたはどう思いますか?

 

 

もしも本当に適性検査の結果は変わらないものであれば、いっそのこと65歳になったら適性検査を受けて、その結果を踏まえて免許を返上するかどうかを判断したら良いのでは?と言うのが僕の結論です。

 

 

実際に自動車に関しては自動運転が当り前になる可能性が高いので、その内運転免許自体不要になる可能性だって十分秘めています。

 

 

子供からお年寄りまで一人一台の車を所有なんてことも当り前なんて時代が必ず来ると思います。

 

 

では、この倒れないバイクが普及したらどうなるのでしょうか?

 

 

 

倒れないバイクがもたらす仕事への影響について

今回の倒れないバイクは、確かにものすごい技術だと思います。

 

 

しかし、自動車の自動運転と違って、仕事に対する影響は少ないのでは?と個人的には思っています。

 

 

もしこれが自動車と同様、場所さえ設定すれば自動で運転するところまで行ったら影響は出ると思いますが、さすがに近々でそこまではいかないと思うからです。

 

 

ただ、自動車が自動運転に変わり、バイクも倒れないとなると確実に自動車教習所は減ることが予想されます。

 

 

何故なら、一般的に教習所では実技と学科を学びますが、実技は一切不要と言う事になるからです。

 

 

更に自動車に関しては学科も不要となりますので、バイクに乗る人のために学科を教えるだけの学校になります。

 

 

そんなことはないだろうと思われるかもしれませんが、決してそんなことはないなんて言えないのです。

 

 

と言うのも、あなたはモノが普及する過程をご存知ですか?

 

 

モノが普及するには順序を経て普及しますが、それを現したグラフの事を普及曲線と言います。

 

 

この普及曲線と言うのは新しいものが世に出て、ある時点まで普及すると急激に伸びると言うグラフの事ですが、そのポイントが10%と言われています。

 

 

分かり易い例で言うと、子供の頃を思い出して欲しいのですが、例えば1クラス40名だったとして、そのクラスの内4人位のクラスメートが新しいおもちゃを持っていたとします。

 

 

あなたがそのおもちゃを親に買ってもらいたいと思った場合、何と言っておねだりしますか?

 

 

多分、クラスのみんなが持ってるから僕にも買ってと言っておねだりすると思いますが、いかがですか?(笑)

 

 

つまり10%と言うのは、そういった自分も欲しいと言う心理が働くラインなので、そこから我よ我よと購入し出すため、気が付いたら自分だけ持っていないなんて事になってしまうそうです。

 

 

なので、普及しないと言う事はあり得ない訳です。

 

 

よく考えてもらったら分かりますが、携帯だって出た当初はでっかい受話器が付いた箱を肩から掛けて電話していた訳で、その光景を見てこれが普及するなんて一般の人はまず思わなかったと思います。

 

 

しかし、どんどん小型化され、今では携帯を持つのは当り前になりましたし、スマホが出た時もそんなのは…と思っていたのが、逆に携帯電話=スマホになっています。

 

 

このように新しい技術はどんどん出て来ては、更なる進化をしていきますし、少なからず様々な仕事に影響を及ぼしているのは事実なのです。

 

 

あなたは、これからも安泰だと思いますか?それとも、今のうちに行動を起こした方が良いと思いますか?

 

 

やはり自分で稼げる術を身に付けた方が、本当の意味で安泰と言えるのではないでしょうか?

 

 

今一度、考えることをお勧めします。


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事