収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

アプリの進化

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

あなたはスマホをお使いになられてますか?

 

2016年6月時点でスマホ所持率は71%だそうです。
約4人中3人はスマホを所持していると言う事になります。
今もファミレスで記事を書いているのですが、周りを見渡すと老若男女問わず、ほぼ全員がスマホを使っています。

 

ちなみに僕はスマホとタブレットの2台持ちです。

 

どうしても細かい記事を読みたい時などスマホでは目が疲れてしまうので、手のひらギリギリサイズの7インチタブレットも使っています。

 

そのスマホやタブレットを活用するために必要なものとしてアプリがあります。

 

このアプリの数もスマホが出たばかりの事と比べたら、実に様々なアプリが登場し、先日テレビで紹介されていましたが、お薬手帳のアプリもあるそうです。

 

急に体調が悪くなり病院に行って薬を処方してもらう時って結構あると思いますが、普段からお薬手帳を携帯してますって人は少ないと思います。

 

そんな時にこのアプリがあると、お薬手帳を携帯する必要が無くなると言う訳です。

 

他にも僕も使っていますが、必要な情報だけを収集してくれるアプリなど、記事を書くときには非常に便利です。

 

今回は、そのアプリの進化について書いてみたいと思います。

 

 

SNSの今後について

スマホやタブレットにおける代表的なアプリと言えばSNSのLINEFacebookインスタグラムなどが挙げられます。

 

その中でも特にLINEはアクティブユーザー数が約7000万人と言う事で、日本国民の半分の人がダウンロードしているアプリになります。

 

LINEの便利なところと言えば、1対1のやり取りだけでなく、グループを作って、そのグループ内でのやり取りができるところですが、そのグループ内でのやり取りが一部学生のイジメに繋がったりと問題になっているところもあります。

 

しかし、現に学生の間ではLINEは当り前で、僕らからしたらLINEはメールの代わりみたいなものですが、若者の間では検索ツールとしても活用しているそうで、全てがLINEで完結しているとの事です。

 

なので、パソコンは若者じゃないと使えないと言った年配の方がいらっしゃいますが、逆に若者の方が使えないと言った現象も起きているそうです。

 

そのSNSですが、今後はさらに発展するそうで、例えばあなたが旅行を計画したとします。

 

普通、旅行に行こうと思ったら行き先を決めて、行き先が決まったらパソコンで検索して、交通手段や宿泊料金などを調べたりすると思います。

 

それでもネットが無かったころには、旅行代理店に足を運び、行きたいところのパンフレットを集めて、どの宿泊先がお手ごろなのか?出発日をいつにしたらお得なのか?など足を使って調べていましたよね?

 

それがインターネットの普及により、わざわざ旅行代理店に足を運ぶことなくパソコン1台あれば調べられるようになり、かなり便利になったと思います。

 

しかし、今後はスマホに旅行のアプリを入れることにより、まるでグループLINEの様に会話形式で宿泊先の予約や飛行機の搭乗便まで予約ができるようになるそうです。

 

実際にデモを見せてもらったことがありますが、パソコンを使う必要がないので、かなりスピーディーに手続きを完了することができます。

 

また、これはアプリではないですが、通販大手のAmazonでは以前注文したものを定期的に注文したい場合、専用の機械に向かって、○○を○個送ってと言えば、自動で注文される商品も開発中との事です。

 

技術の進歩はホントに計り知れないですよね。

 

最近は出張等で飛行機に乗ることが増えてますが、以前、久々に飛行機に乗る機会があり空港に行った時には、搭乗手続きのやり方が前と変わってて、焦ったことを覚えています。

 

実際に使ってみると非常に便利だし、これからもどんどん便利になっていくことと思います。

 

 

便利さの裏側に・・・。

以前から書いていますが、医療の世界と同様、技術の世界も日進月歩で進化しています。

 

世の中が便利になると言う事は、逆に今までその仕事に携わっている人から仕事を奪っていく結果になります。

 

先ほど書いたLINEによる旅行のアプリなどは、実際に旅行代理店で働いている人から仕事を奪っていきます。

 

もちろん旅行代理店が打撃を受けると言う事ではありません。

 

何故なら、旅行代理店がアプリの開発に携わる訳ですし、ネット予約にしても旅行代理店に予約をする訳ですから!

 

ネットの普及によって、旅行代理店に足を運ぶ人が減った事は想像が付きますし、そうなると自ずと必要人員のパイは減る事も分かると思います。

 

しかし、それでも旅行代理店に行って予約をする人と言ったら、パック旅行ではなく、完全なオリジナル旅行で、観光スポットなどの情報を担当者から直接聞きながら決める人ではないでしょうか。

 

ところが、LINEで会話をするように予約ができる様になると言う事は、担当者と直接やり取りをしているのと全く同じになる訳ですから、後者の様に担当者と直接やり取りをしながら決めたいと言った人も足を運ぶ必要が無くなると言う事です。

 

もしもあなたが旅行に行こうと思ったとき、全ての手続きから支払いまでスマホ1台で完結出来たら、わざわざ旅行代理店まで足を運びますか?

 

運ぶ必要が無ければ運ばないと思いますが、もうこのような世界はすぐそこまで来ているのです。

 

僕自身もそうですが、実際に旅行に行こうと思ったら、パソコンで調べるレベルの人がまだ多いと思うので、急に環境が変わると言う訳ではないと思います。

 

しかし、先ほど書いたように若者世代になると、それ(旅行アプリ)を使うのが当り前となる訳ですから、本当に今のままで安泰なんて言う事はありませんよね。

 

もちろんネットビジネスも安泰と言う訳ではありませんが、基本的に人が物を欲しがる原理と言うか、心理と言うのは時代が進んでも変わる事はありません。

 

今の例で言うと、旅行に行きたいと言う心理は同じで、旅行に行くための予約スタイル(手段)が変化しているだけです。

 

つまり、ネットビジネスで成功するためには、この旅行に行きたいと言う心理を、いかに自分の思う方向に持っていけるのか?と言うことろが肝になりますので、いかに自分が目指すところの手段に相手を引き付けられるかと言うところがポイントとなる訳です。

 

だって、押し売りでもない限り、どの手段を選ぶのかは相手な訳ですから!

 

しかも直接対面で話をすること以外、押し売りなんて不可能ですからね。

 

やはり、一生の資格であるコピーライティング力を磨くことこそが、本当の意味で食いっぱぐれのない人生を送れる唯一の手段ではないかと僕は考えますが、あなたはどう思いますか?


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事