収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

資格って本当に必要なの?

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

資格と言うと、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士等など、いわゆる仕業と言われるものから、フラワーアレンジメントやカラーコーディネーター、また重機の免許やけん引免許、もちろん普通運転免許も資格になります。

 

僕も学生の頃、よく母親から資格を持っていた方が良いと何度も資格を取るよう言われましたが、今僕が持っている資格は普通運転免許だけです。(笑)

 

初めて就職した先は商品取引の会社でしたので、そこで営業活動をするためには「登録外務員証」と言う資格が必要でしたので、それは取得しましたが、会社を辞めた時点でその効力は失効しています。

 

また今の会社でも資格を取りましたが、これも会社にいる間だけ適応される資格になりますので、辞めてしまったら自動的に失効します。

 

なので、実質世間に公表できる資格と言うのは、普通運転免許だけと言う事なるのです。

 

では何で僕が資格を取らなかったかと言うと、ただ単に面倒だったからです。(苦笑)

 

僕の嫁さんは看護師です。
当然、看護師の資格(正看)を持っている訳ですが、このような資格を持っていたら、どこに行っても仕事に困ることはないと思いますが、僕は学生時代に将来こんな事がしたいと言った具体的な目標がなかったため、資格には全く興味がありませんでした。

 

だから、母親から資格を取れと言われても、何の資格を取ったらいいのか分からないと言う状況でした。

 

2時間ドラマで、渡辺えりさん主演の「100の資格を持つ女」と言うのがありますが、あなたはご存知でしょうか?

 

リストラになるのではと言う危機感を常に持っている主人公が、そのリストラに備えて多数の資格を所持し、その資格をフル活用して事件を解決すると言った痛快な刑事ドラマになります。

 

ドラマでは、そんな資格もあるの?と言ったマニアックな資格も出てきますが、実際にはそれだけたくさんの資格を取っても使いこなせないと言うのが現実なのではないでしょうか?

 

実際に、一番メジャーな資格と言ったら、僕が唯一持っている普通運転免許だと思いますが、その普通運転免許でさえも、長いこと運転から離れると運転が怖くなりできなくなります。

 

いわゆる「ペーパードライバー」になる訳です。
本人が運転しようと思えばできるのにも関わらずですよ。

 

これば、重機を扱う仕事をしていない人が、重機の運転免許を持っていてもきっとそうなると思いますし、全く意味のないものだと思います。

 

では、これから転職するために取る資格はどうでしょうか?

 

 

転職に必要な資格について考える

不況が長引くと手に職を持とうと言う事で、初めに書きました仕業の資格を取る人が増えてきます。

 

知り合いで、10年間会計士の資格に落ち続けた人がいますが、その知人は「何が何でも会計士になりたい」と願っていた訳ではなく、「会計士と言う看板があれば、一生食いっぱぐれにはならないだろう」と言った理由で目指していました。

 

つまり、「一生食いっぱぐれにはならないだろう」と言った安心感を求めて、お金と時間を浪費した訳です。

 

そしてようやく1次試験に合格し、「数年以内に2次試験に合格したら正規雇用」と言うアルバイト雇用で念願の会計士事務所に勤めることができたのですが・・・。

 

実際に働いてみると、安泰どころかほぼ社畜状態で、だらだらと10年の歳月をかけて取った資格は、逆にポテンシャルが低い人と周囲から見られてしまいますし、そもそも出世することも厳しいと言った事態だったそうです。

 

更に、最初に書いたように、このご時世、時間とお金を投資し会計士になる人が大量にいるため、実は人余りが起きています。

 

もしもその知人しか会計士の資格を持っていないのであれば、需要はありますので食いっぱぐれにはならないと思います。

 

しかし、毎年大量の会計士の資格者が増えている状況では、供給が需要を上回り、よりスキルの高い供給者には仕事が入り、そこまでスキルの高くない供給者は当然ですが淘汰されてしまいます。

 

つまり、どれだけ優良と言われる資格を取ったところで、最終的にはその資格者を必要としている需要と提供している供給バランスで決まります。

 

と言う事は、資格を取る=将来の成功が保証されると言う図式は成り立たないと言う事です。

 

 

その後、知人が取った行動とは?

その知人は、資格さえ取れれば・・・と資格取得にあたってきましたが、実際に現実を見て落胆したものの、時間が掛かったとはいえ、資格を取得した訳ですから、そのエネルギーをネットビジネスに充てたことろ、かなり早い段階でアルバイトの収入位は稼げるようになりました。

 

では、何故ネットビジネスを始めたら簡単に成功したのでしょう?

 

そもそもネットビジネスを始めるために資格なんてものは必要ありませんが、頑張っても資格証と言う称号を手にすることがないためライバルがすぐに諦めてしまうところがポイントとなります。

 

資格の場合、みんな資格証と言う称号を取ることを目指してスキルを高めていくため、みんな本気で取組むので時間もお金もかけます。

 

しかしネットビジネスの場合、稼ぐためのスキルを高めていきますが、資格証と言う称号はありませんので、自己投資すらしない人がほとんどです。

 

ここでもう一度考えて欲しいところなのですが、人は何故資格を取ろうと思うのか?と言う事です。

 

資格取得と言うのは、その資格を取得するために得たスキルを使って収入を得るためですよね?

 

一方ネットビジネスは、単純に稼ぐ為のスキルを磨くだけなのです。

 

つまり、間接的に稼ぐ為のスキルを磨くのか?それとも直接的に稼ぐ為のスキルを磨くのか?それだけの違いです。

 

もちろん資格を取得することで独立し直接稼ぐ方もいらっしゃると思いますが、一生懸命資格を取得するために勉強し、ようやく取得したスキルを持って独立しても、今度は営業活動をしなければ収入を得ることはできません。

 

また、その取得したスキルを持って就職活動をしたとしても、先ほど書いたように今は供給過剰な状態です。もしあなたが採用する立場だったら、資格を取得したばかりの人と、実務経験が豊富な人のどちらを採用したいと思いますか?

 

僕であればもちろん後者を採用します。
何故なら、企業は即戦力を求めているからです。

 

もしもこれから資格を取得しようと思ったら、どのような資格だったらいいのでしょうか?
それは資格保持者を求めている業界になりますが、実際にそのようは業界と言うのは、よくニュースなどでも取り上げられていますが、介護業界などの労働内容に対して賃金が安い業界になります。

 

これではせっかく資格を取得しても、その資格を持っていることで稼ぐと言う事には繋がりません。

 

既にこの記事を読まてれいるあなたは、同じスキルを磨くのであれば、稼ぐ為のスキルを磨いた方が良いと気付いていると思います。

 

今は資格取得に時間とお金をかけるより、絶対に自分で稼ぐ為のスキルに時間とお金をかけられる人の方が早く成功する時代になっています。

 

後は、あなたが他の人よりも本気でやれるかやれないかだけの差だと思いますが、いかがでしょうか?

 

 


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事