収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

民生用最新技術の見本市「CES 2017」を見て思った事

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

写真の車はイメージです!

 

先日ラスベガスで開催された「2017 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で、トヨタ自動車が人工知能を搭載した新型のコンセプトカー「TOYOTA concept-愛i」を発表しました。

 

この車ですが、車に搭載された人工知能がドライバーの感情性を認識し、嗜好性を蓄積することで人と車がパートナーの関係となるそうです。

 

一昔前に流行ったナイトライダーの「ナイト2000(通称キット)」のようなものでしょうか?

 

見ていた頃は、こんな車があったらいいよな〜なんて思っていましたが、本当にそんな車が現実のものになるなんて思ってもいませんでした。

 

この「concept-愛i」はドライバーの嗜好性を蓄積しますので、その蓄積データをもとに車側から話題を提供したリして、双方向の会話を行う事もできるそうなので、本当の「キット」みたいなものです。

 

本当にこんな未来がすぐそこまで来ているんだな〜と感慨深くニュースを見ていました。

 

しかし、人工知能を搭載したこのコンセプトカーに関してはまだ先の話だと思いますが、この車に関して現実的なものはやはり自動運転ではないでしょうか。

 

自動運転に関しては、日産自動車とはか既にCMでも流していますし、いよいよ近い将来実現化するのではと言う期待が高まります。

 

このように自動車技術が発展すると、当然ですが仕事を失う人が出てきます。

 

 

自動車技術の発展がもたらす失業危機

自動車技術が発展すると言う事は、当然自動車に関連する仕事に影響が出てきます。

 

もしも全ての車が自動運転になったら、どんな未来になるのかあなたも想像してみて下さい。全ての車ですよ。

 

なんだか、昔あったドリフ大爆笑の「もしもシリーズ」みたいですね!(笑)

 

それはさておき、全ての車が自動運転になったらどのようなことが起きるかと言うと、まず飲酒運転が無くなります。

 

これはどんなにお酒を飲んでも、車に乗り行き先を言えば音声認識で車は目的地を把握しますので、後は起きていようが寝ていようが勝手に目的地に辿り着きます。

 

この音声認識は車はもちろん、もっと身近なところではスマホにも搭載されている技術ですし、駐車に関してもCMでやっていますが、アシストではなく完全に自動で駐車する技術も既にあります。

 

後はお金を払うのか払わないのか、ただそれだけです。

 

と言う事は、当然タクシードライバーの仕事は激減しますし、ましてや運転代行サービスなどは完全に商売として成り立ちません。

 

また、全ての車が自動運転になると、理論上、車による交通事故は無くなりますので警察官の数も減ります。
交通課は無くなるのかな?

 

また、全ての車が自動運転になると、そもそも運転免許証自体不要になりますので、自動車教習所も不要になります。

 

このように全ての車が自動運転になるだけでこれだけの人が職を失います。

 

 

更に既に実用化されている電気自動車も同様で、もしも全ての車が電気自動車に変わったら確実にガソリンスタンドは不要になります。

 

ただ、ガソリンスタンドの代わりに電気スタンドに生まれ変わったら良いのでは?と思うかもしれませんが、そうでもないのです。

 

今現在、電気を補充する拠点が少ないと言う事で、中々拡大はしていませんが、これに関しては蓄電技術がもっと発展すると、今度は電気を補充する必要すらなくなる可能性があります。

 

と言うのも、現在普通に走っているガソリン車もエンジンをかけるためのセルモーターを1度だけ回す電力をバッテリーに蓄えさえしたら、後は走る動力を使ってバッテリーに電力を蓄電しています。

 

なのでもっと多くの電力を蓄電することができたら、スタンドのようなところで電気を補充する必要が無くなるのは当然と言えば当然ですよね。

 

この蓄電技術はもっと身近なところで既に存在しています。
それは公共施設やデパートにある男性用の自動水洗トイレです。

 

トイレの前に立つとセンサーが人を感知し、離れたら水が流れるあれです。
あのトイレは、1回流すだけの電力が確保されており、次の電力は水が流れる力を使って蓄電しているのです。
小型の水力発電と言ったところでしょうか。

 

このように技術の発展と共に我々の生活はどんどん豊かになっていきますが、豊かになればなる程、今まで必要とされていた仕事が必要とされなくなってきます。

 

果たして今の仕事はずっと存続しているのか?はたまた無くなってしまう仕事なのか?

 

あなた自身がよく見極め、どうするかを決めなければなりません。

 

ただ一つ言えること、それは備えあれば憂いなしと言う事ではないでしょうか。

 


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事