収入を国や会社に委ねず自分の力で生きていく

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

ジャンルを絞る

40代,中間管理職,アフィリエイト,稼ぐ

アフィリエイトと言ってもそのジャンルは様々です。

 

  • ダイエット系
  • 恋愛系
  • 経営者の悩み系
  • 書籍系
  • 夜のお仕事系
  • 趣味系

 

等など、上げたらきりがありません。

 

この中でも趣味系の場合、最低でも100〜200以上のサイトやブログを量産しなければ稼ぐことはできません。
これには非常に時間と労力が伴います。

 

もし副業としてアフィリエイトをするのであれば、これら100〜200のサイトやブログを運営するのはほぼ不可能です。

 

何故なら1つのサイトに最低でも30以上の記事を上げなければ多くの人の目に触れることはまずありませんし、またその記事自体が他人のコピペで作成されたものであれば、尚更Google検索等で上位に表示されることはまずありません。

 

つまりあなたが書いた渾身の記事が1サイトにつき最低でも30記事以上なければならないのです。

 

この記事を読んでもらいたいと渾身の記事を書こうと思えば、1記事書くだけでもかなりの時間を要します。

 

これってちょっと計算したらわかると思います。
1日1記事書いた場合、30記事に到達するのに1ヶ月かかると言う事です。
つまり1サイト完成するまでに1ヶ月なので、年間12サイト作れますから、200サイト作ろうと思ったら16年半以上かかります。

 

もしも100サイトにしたらその半分の8年以上、更に1日3記事書いても200サイトに到達するまで5年半以上、100サイトで2年半以上かかると言う事になります。

 

これって1日も休むことなくやり続けた場合ですから、相当の根気強さがないとできないですよね。

 

あくまで趣味の延長でちょっとした小遣い稼ぎができればと言ったレベル感であれば良いと思いますが、僕は1日でも早く自由を手に入れることを目的として始めましたので、最短で結果が出るジャンルでなければ意味が無いと考えました。

 

それに僕はずっと仕事詰めの社畜状態だったため、特に趣味と言えるものがありません。
なので、もしこのジャンルに参入しようと思ったら、まず調べることから始めなければならないのでもっと時間が掛かってしまいますし、途中で投げ出す可能性も十分ありました。

 

そこで僕が絞ったジャンルは、稼ぐ系です。

 

 

稼ぐ系とは?

稼ぐ系とは、そのまま稼げるものを取り扱うと言う事です。

 

何故、稼ぐ系が良いのかと言うと、多くの人間が喉から手が出るほど欲しいと望むものと言えば「お金」です。

 

なんだか「お金」と言うと、守銭奴みたいであまり良いイメージがないですが、それは綺麗ごとであり、僕自身お金が欲しいと思ってこのビジネスを始めましたし、今僕のブログを見ているあなたもお金が欲しいと思って読んでもらっていると思います。

 

ただ、僕も汚いことをしてでもお金を稼ぎたいとはさすがに思っていません。

 

僕自身、今まで色々な商材を見てきましたし、購入もしてきましたが、本当に使えない商材を販売している人やそんな稼げない商材を紹介している人も多数存在するのがこの稼ぐ系と言うジャンルになります。

 

実際に騙された人の中には騙されていることに気付いていない人もいます。
このような人たちは情報弱者と言われ、この情報弱者の人たちをカモにしている人がいるため、巷に溢れているほとんどの情報商材が稼げないような詐欺まがい商材です。

 

だからこそ、長くこのネットビジネスの世界で稼ごうと思ったら、このような詐欺まがい商材を紹介したらダメなんです。

 

稼ぐ系で実際に自分が稼ぐためには、僕の記事を読んでくれているあなたに対して僕は誠実でなければなりませんし、あなたが僕と同じように稼ぐ系でアフィリエイトを始めようと思っているのであれば、あなたもあなたの記事を読んでくれている読み手に対して誠実でなければなりません。

 

つまり僕たちの最終的な目的地は「読み手のファン化」と言う事を肝に銘じなければなりません。

 

読み手のファン化に成功することが、結果的に僕らの成功に繋がります。
何故なら、人間は感情の生き物だからです。

 

例えば、同じ商品を紹介しているAさんとBさんがいたとします。
上から目線で商品を紹介するAさんとあなたと同じ目線に立ちアドバイスをしてくれるBさん、あなたならどちらから商品を購入したいと思いますか?
つまりはそういう事です!


あなたの1票が励みになります。
1日1回ポチッとクリックをお願いします。

 ↓↓↓

人気ブログランキングへ

TOP プロフィール お問い合せ メルマガ登録 推奨教材 おすすめ記事